冬になりまして
すっかりブログの更新ができていませんでしたが、ずっと待ってくださっていた方も多かったようで申し訳ありませんでした。。。

すっかり寒くなりましたね。
滋賀に移住してから初めての冬を迎えます。周りの方も冬支度を始めているようで、いろいろと冬事情を教えてもらっています。
ウチには薪ストーブの煙突だけ施工してあるのですが、肝心の本体と薪がまだ無いのでこの冬は引き続き灯油生活になりそうです。
それにしても季節の移り変わりを実感できすぎて驚いています。特に、庭の植物や虫たちが次々と入れ替わりやってくるので、その都度いろいろ調べてしまいます。中でも、小鳥の鳴き声が気になります。鴨川のカモやスズメ、鳩ぐらいしか街中では慣れ親しんでいなかったので、野生の鳥の鳴き声を家の中に居ながら聞くことができるなんていまだに信じ難いです。夏場は、木にくっついている虫を毎日食べにきていたようです。ただ、声はするのに姿が見えないと正体がわからないのでもどかしいです。
まだメジロぐらいしかわかりません。
そのうち鳴き声で判別できるようになるかな。

その鳥たちの残していったものからいろんな植物の芽が出るようで、あっちこっちに花が咲くようです。風も強いので他所から種も飛んでくるようです。来年の春が今から待ち遠しいです。

話は変わりますが、工房のかべ塗りが完成したのでやっと一区切りがつき、ブログ更新となりました。
こんな感じです。



約40平米の壁を1人で下地から仕上げまでやりました。前回の京都の家とは規模が違ったので大苦戦しましたが。。。素人ながらなんとか終わらせることができてよかったです。さすがにプロのようにはできませんでしたが、木部の塗装も含めると家の隅々からいろんな目線や角度で見れるので楽しいです。壁ひとつとっても様々な材料やメーカー、それに伴う道具や技術が膨大にあるのでそれを知るだけでも面白いですね。

長くなりましたが、また近況をお伝えしますね。







日々のこと / comments(0)
スポンサーサイト
- / -
Comment