スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / -
イタリアのこと2

前回にひきつづきベネチアのお話ですが、今回はムラーノ島です。

二日目は曇りでかなり肌寒く、街の人はみな日本の冬のような格好でした。
ダウンジャケットを着てる人もいるぐらい。
たしかに寒かったです。
まずは、宿からサンタ・ルチア駅のほうへと向かいました。
橋の上からはボートで荷物を運ぶ姿が。
この光景がベネチアの朝って感じなんでしょうか。


野菜を車で販売するお店も数軒みかけました。
鮮やかでしたよー。


そして、これが何気なくはいった総菜屋さんみたいなところで買ったサンドウィッチ?
ハムとキノコとマヨネーズだったかな。
日本でキノコの入ったこんなのを食べたことがなかったので興味本位で買いましたが、
予想以上に美味しくてまた食べたくなる味です。
独特な風味のキノコでした。




まだ橋の近く。
いろんなお店が朝早くから開いているので、なかなか進みませんが、少しずつ移動しています。
途中でガラスを扱うお店もいくつかありました。
ちょっと入りますよー的な感じで猫も普通に入っていきます。



メレンゲのお菓子もよくみかけました。
今気づきましたが、トリコローレ風にディスプレイされていたとは!





やっと船に乗ってムラーノ島へ向かいます。
鉄道は無く、観光船のみ。



10分ほどしてムラーノ島に到着。
近い。
そして、いよいよ楽しみにしていたベネチアンガラス達とのご対面にワクワク。
今までにいろんなところで、いろんな人から聞いてきたベネチアンガラス。
そして、ムラーノ島での一番の楽しみはCesare Toffoloのお店を訪れること。

しばらく歩いていると、入口に人が群がっていたり、お客さんの出入りが多いお店が一軒だけありました。
何かと思って近づくと、そこがCesareのお店でした。
こうもあっさり見つかるとは。。。
ミニチュアゴブレットや造形作品がずらーっと綺麗に陳列されていて、
しかも色ごとに分類されている点がすごく見やすかったですね。
説明が遅れましたが、Cesare Toffoloとはイタリアでボロシリケイトガラスを使った伝統的なスタイルでバーナーワークをしている有名作家さんのお名前です。
業界内で知らない人はいないだろうというぐらい。
彼の作品実物をたくさん見たのは初めてでしたが、どれも息をのむほど高度な技術で作られた美しいものばかりでした。



じっくりと作品を見ていると、男性の店員さんがいました。
どこかで見たことあるよなー。。。もしかして。。。
と、思って話かけるとCesareさんご本人でした。
まさかお店に居るとは思いもしなかったので、びっくり。
自己紹介をして、あれこれしていると、お店の二階にある別の作品部屋を特別に案内してくれました。
こちらもまたすごすぎましたよ。
まさか実物が見れると思っていなかった作品達がずらりと。
最後に握手をして記念撮影。
この画像、なんかCesareさん小さいなーと思ったら、作品を挟んで撮影したため遠近法で小さく見えているだけでした。
イタリア語のわからない私たちにも親切に対応していただき、ご本人と他のスタッフ皆さんにとても感謝です!
ということで、ここで今日の私のミッションはほとんど終了です。



ところが、歩いているとかなり気になるカッコイイお店を発見。
お店の名前なんだったかなー。。。
中に入ると女性店員さんが接客中。
妻と私が日本語で会話していましたが、じっくり見たいしまた後で来ようかーということに。
すると、その女性店員さんが
「すみませんね、またよろしくおねがいします」
と流暢な日本語で声をかけてくれました。
観光地だからいろんな国の挨拶とか知ってはるんかな??
と思いながら、しばらくしてからそのお店に戻りました。
すると、普通に
「いやー、さっきはごめんなさいね。」
きれいな発音の見事な日本語じゃないですかぁ。
そこからはずっと日本語で会話になり、ムラーノ島のことやお店のこと、作品についてもいろいろと教えてもらいました。
実は彼女自身もガラス作家であり、ここは先生のお店だそう。
先生は外出中で居なかったのですが、素晴らしい作品がたくさんありました。
もしムラーノ島を訪れる機会があったら、みなさんにぜひ寄っていただきたいオススメのお店です。







夕方頃にムラーノ島を出て、本島へ戻りました。
団地のような場所でイタリアっ子が元気にサッカー。



肝心のベネチアンガラスの写真は全然撮っていなくて申し訳ありませんが。。。
ベネチアンガラスと呼ばれているガラス製品や、一部の高度な技術をもっている作家さん達とその作品が今のムラーノ島を支えているのがよくわかりました。
さすがガラス職人による島です。
ここでしか感じることができない空気感がありました。
今の日本と米国のボロ業界とは明らかに違う雰囲気で歴史の重みを感じることができます。
他にもいろいろ感じましたが、自分の世界にもどって考えてみて、改めてボロの面白さと可能性を認識できてよかったです。

そんなこんなで二日目も無事に過ごすことができました。
あ〜寒かった(>_<)

日々のこと / comments(0)
イタリアのこと1

イタリアのことを覚えているうちに少しずつ書いていこうと思います。
嫁がいろいろ撮っていてくれたおかげで、いい感じの写真がいっぱいありました。

今回はベネチアからスタートしたかったけど関空から直行便が無いとのことで、
一度イスタンブールで乗り継ぎをしました。
ここまでで12時間ほどかかっていたかもしれません。
空港で伸びるアイス食べたいなーと思っていましたが、機内食でお腹いっぱいすぎてスルーしてしまいました。
若干心残りです。
そして、イスタンブールの空港は初めてでしたが、意外と大きな空港のようで、ゲートに辿り着くまでに歩き疲れてしまいました。

イスタンブールから乗り継ぎ、2時間ほど?でベネチアに到着。
着陸前に島が見えましたが、赤茶色の建物がこれでもかというほど迷路のように並んでいるのがわかりました。

ところで、ベネチア、ヴェネツィア、ヴェニス、VENEZIA、 VENICE、と地図やガイドブックにはいろいろ表記がありますが同じ場所を指しているので、ここではわかりやすくベネチアにしておきますね。

えーと、それで無事にベネチアに到着して、バスで島へと向かいました。
リベルタ橋という直線の橋を通りましたが、電車もあるようでした。
ベネチアでまず驚いたのが、車や電車の通行は島の入り口までで、島の中での移動は水上ボートや渡し船、そして徒歩のみでした。自転車も禁止のようです。



飛行機から見えた赤茶色の建物ですが、実際歩いてみてわかりましたが、レンガ造りでU字型の瓦が敷かれた建物が多かったせいでした。





そして、石灰岩でできた建物も非常に多かったです。





ベネチアの島は本当に迷路のようで歩くのが大変でした。
でも、なかなか目的地までたどり着かない感じで途中に面白いお店がいっぱいあるのがゲームのような感覚で楽しかったです。



こんな感じで水路がいたるところにありました。
誰かさんがロマンティックな町だと言っていましたが、まさにそのとおりでした。
本当に美しい街並みでした。
ですが、気になって仕方がなかったことがあります。
なんで、建物が沈んでいないのか。
こんなに際まで水あるのに建物がよく無事に残ってるなぁと不思議で仕方ありませんでした。
日本みたいに頻繁に地震があったらほんと沈んでそうですね。。。
こんなに美しい街並みはずっとイタリアに残っていてほしいと切に願っています。

そういえば、よくお土産屋さんで目に付いたのがマスクでした。
“マスケラ” という仮面舞踏会で使うマスクのようです。


夜になって路地の奥のほうに灯りがついていたので近寄ってみると、
ART STUDIOと書いてありました。



気になったのでのぞいてみると、油絵の画家がいました。
ENRICOという名前。
ベネチアのことをいろいろ教えてくれて、そのうちデッサンで使うチャコールを持って紙に向かったと思ったら、ベネチアの街の風景を描き始めました。
四角柱のチャコールを紙に強く押しつけて、そのままずらすと太くて黒い線に。
少し力加減を調整するとグラデーションのように。
説明しながら、ものの3分ほどで完成しました。
さっき見てきたものが現れて、疲れも忘れて嫁と共におもわずテンションあがりました。



そんなこんなで、島をひたすら歩きまわって1日目が終わりました。
1日あれば島全体を周れるよ、と数人から聞いていましたが。。。
いろいろ寄り道すると2〜3日かかりそうな感じでした。

日々のこと / comments(0)
写真のこと

ついに届きました!
結婚式の当日、兵庫県の西宮より京都まで来てもらって撮影していただきました。
台風だったので挙式にほんとギリギリで間に合ってよかったです。

le bonheur(ル・ボヌー)という名前で活動されている方で、
女性ウェディングフォトグラファー 小山田 悦さん
ほんと素敵な写真ばかりで、妻が熱烈なファンです。
小山田さんの世界観が伝わるこちらのサイトもぜひご覧ください。
http://www.mariage-lebonheur.com/

後日、大量の写真が届く予定です。
ブログで妻の顔出しはこれで最初で最後になると思いますので
見納めください(笑)





披露宴で着用したこのペンダントとピアスは自分で撮りました。





日々のこと / comments(0)
ケンタローさんの展示会
ガラス仲間というよりは先輩でもあります、静岡のケンタローさんの展示会が京都でおこなわれます。
カエルやヤモリをモチーフにしたファンタジックな作品が特徴です。
以前ケンタローさんと共にワークショップを行わせていただいてたお店で、もうすぐ開催です。

場所 :FARM HOUSE
住所 :〒606-0824 京都市左京区下鴨東半木町70-13
TEL  :075-721-3232
日時 :10月5日(土)〜10月10日(木)  11:00~20:30
定休日:10月8日(火)

10月5日(土)・6日(日)の二日間、こちらのお店に来られるそうです。
お時間ある方はぜひ遊びにいってくださいね〜★
私も5日の夜に少しのぞきに行く予定です。
日々のこと / comments(0)
結婚式

9月16日に結婚式を無事終えました。

皆さんもニュースでご存じだと思われますが、台風で京都が数十年ぶりに災害を受けた日です。
なんともすごい日にすることになりましたが、台風が来るたびに結婚式のことを思い出せそうです。
当日は大雨の影響で足止めをくらい、なかなか来れない方もいらっしゃいましたが、最終的にはゲスト全員参加となり、ほんとうによかったです。
大勢の方に大変なご苦労をかけてしまい申し訳ありませんでしたが。。。

挙式、披露宴、二次会、そして翌日と楽しい時間を過ごせました。
たくさんお祝いの言葉をちょうだいして夫婦共々、大変嬉しく思っています。
和泉屋ファンの皆様からも、メールやお祝いの品をいただき、誠にありがとうございます。

写真は自分で全然撮っていなかったので、プロのカメラマンさんに撮ってもらったものをまた載せますね。


ところで、以前も少しお伝えしておりましたが、10月中旬より新婚旅行で海外へ行きます。
そして、そのままガラスイベントに出展しますので、しばらくの間、工房を開ける日がほとんどございません。
1週間以上前にご連絡いただけると日程の調整が可能かもしれませんが、当日ご連絡の場合は非常に困難ですので予めご了承ください。
誠に申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

日々のこと / comments(0)
七周年の記念に。
バタバタしていてすっかり忘れていましたが。。。
本日9月9日でガラス工房和泉屋としてガラスを始めて丸7年が経ちました。

7年続けてもまだまだ作り足りないと思えるのは本当に幸せなことだと感じます。そして、まだまだ作品を求めてくださる方達がいることも本当に嬉しいことです。

皆さんの支えがあって、ここまで続けてこれました。
この場をかりて心より御礼申し上げます。
7年間支えていただき本当にありがとうございます。

そして、この記念日にテレビの取材がありました。
関西テレビの『よ〜いドン!』という番組で、円広志さんが工房に来てくれました。
番組の放送時間は 9:50〜11:15 で、
放送日時は9月30日(月)か10月1日(火)のいずれかの予定だそうです。
今回はトークメインになると思います。
お楽しみに〜!!


日々のこと / comments(0)
もう9月!!

遅くなりましたが、8月の京都高島屋、阪神梅田へお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。
1週間以上経って、ようやくひと息つけました。

高島屋の美術工芸サロンでは2回目の個展ですが、今回も多くの方にご覧いただき、
またガラスの魅力をお伝えできたと手応えを感じました。

しばらく百貨店での出展は控える予定ですが、また来年も近鉄百貨店等で数回は出展すると思いますので、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。



私ごとですが挙式が2週間後に迫っており、プライベートでも非常にバタバタしております。。。今年の春から準備を始めましたが、なかなか終わらないものですね。。。
そして、10月中旬には新婚旅行にいってまいります。
さらに、帰国後すぐの10月下旬にはガラスイベントに参加します。

そのため、工房見学や体験等は11月以降の受付予定です。
どうしても9月か10月でご希望という方はスケジュール調整可能か検討してみますので、
メールにてご連絡ください。
info@glass-izumiya.com


日々のこと / comments(0)
ご案内 -鳥本雄介ガラス展-

知人のガラス展のご案内です。
行きたいけど行けないーということで、せめてどなたかの感想をお伺いできればと思ってます。。。

まずは、鳥本雄介さんについて。
京都の山奥で吹きガラスをされている30代後半の男性です。
以前からいろんな出展場所でお会いして、かれこれ数年が経ちました。
透明のガラスにとことんこだわって、シンプルな作品を作られています。
ガラスと対話している方だな、といつも感じます。

今回は香川県高松市の “デザインラボラトリー蒼” という場所で個展をされるそうです。
詳しくはリンク先をご覧ください。
約一カ月間も開催されるようですので、四国・中国地方の方はぜひ足をお運びください。
吹きガラスの面白さ、透明ガラスの良さを教えてくれる作品がたくさん並んでいるはずです。


-鳥本雄介ガラス展- 詳細
http://umie.info/blog/ao/2013/07/post_87.html

日々のこと / comments(0)
青い粒
夏らしい日がつづいてますね。
今日、ある方から贈り物が届きました。
たくさんのBlueberry

アメリカに行った時、庭にあったのを摘んでそのまま食べさせてもらったのを思い出しました。
実はメロン、マンゴー、桃と同じく好きな果物ですが、最近ご無沙汰していたので大興奮してしまいました。
そういえば、果物に関しては色を食べる感覚も含んでいるように感じます。

妻は毎日のようにいろんな果物や野菜を摂るので見習わなければ。。。

日々のこと / comments(0)
夏がやってくる
暑くなりましたね。
久しぶりの更新ですが、元気に過ごしております。

ここ一ヶ月もいろんなことがありました。
まずはカナダから友人のJediが遊びに来てくれました。家族旅行で京都に来るとのことで楽しみにしていました。なんと現在16歳ですでに1年半前にバーナーを始めたそうです。自分の半分ぐらいの年齢ですが、ガラスに関する知識が豊富で大変驚きました。そして予想以上に上手かったです。
そういえば嵐の松本潤に似てましたね〜。
宿泊先にもお邪魔して家族と会うこともできました。
この宿泊先がまた面白かったです。
広くて立派な京町屋で、家一軒まるごと借りることができるそうです。
海外旅行客向けの長期滞在専門かもしれませんが、かなり良かったです。



続いて。
これまた京都ネタですが、akioブレンドなるコーヒー豆を教えてもらいました。
上京区?北区?どちらか忘れましたが、ハシモトコーヒーというお店で販売されています。
詳しくはハシモトコーヒーで検索してみてください。
パッケージとネーミングで思わず買いにいきました(笑)
パッケージデザインで心を掴むってこういうことなんだと改めて感じました。



ウランガラスに初挑戦。
普段は黄緑色ですが、ブラックライトで蛍光黄緑色に発光します。
光すぎてびっくりです。
ウランガラスというとアンティークガラスとして一部の根強いファンの間でコレクションされているものとして知られていますが、現代ではもうほとんど生産されていないようです。未使用の材料は他の色ガラスとくらべると高価です。ウランガラス管は特にレアで短いものでも数万円で取引されています。
ウランによる影響も懸念されていますが、実際は極微量しか含有されていないそうなので人体に悪影響はほとんど無いようです。



ここ数ヶ月、猫が好きです。
柴犬はもちろん変わらず好きですが、予想外の猫がきました。
というのもこの猫を知ってしまったからです。


有名なのでご存知の方もいらっしゃると思います。
画像はシロという名前の猫。
五匹の猫による日常生活。
飼い猫の生態がよくわかっておもしろいです。
かご猫ブログ
http://kagonekoshiro.blog86.fc2.com/

まだつづきます。
最近、香川県からワークショップにきてくれているHさんという方がいらっしゃいます。
まだ5回目ですが、来られる度に上手くなっていてびっくりです。
自宅でも練習されてるようですが、感覚を掴むのがとても早いように感じます。
左がHさん、右が自分


あとは、文章のみで書いていきます。

・MONOマガジン(6月1日発売)のあべのハルカス特集ページにガラス工房和泉屋として作品掲載されています。

・近鉄あべのに出展します。7月上旬
・京都高島屋で急遽個展をすることになりました。8月上旬
・阪神梅田に出展します。8月中旬

・挙式予定 9月中旬
・ガラスイベント参加予定 10月下旬

年内はこんな感じで進みそうです。
今年に入ってから海外への販売が少しずつ増えてきました。
国内外のオーダー品制作もあるので、夏の出展が終わったら、あまり工房から離れず制作の日々にしたいと思います。

新婚生活を楽しむ余裕もあまりありませんが…とりあえず暑い夏を乗り越えたいと思います。
皆さんもお身体に気をつけてくださいね。
日々のこと / comments(0)